FC2ブログ



天使になったポメのアリスとビションのつまみとごはんとパン★ ビションのぱふとバーニーズのジョン万次郎。 わんこ中毒のayaの日記。

Prev  «  [ 2019/09 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

aya

Author:aya
小さい頃からの思いでポメと暮らし
初めて知ったビションの虜になって
やっと念願のバーニーズと暮らし始めたayaです♪

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク

ラブ

朝の電車で考えては泣き。そして泣く・・・
持ってたテッシュは無くなった。
会社でも突然ドバッと涙。
何回化粧しなおしたのか。
naoからメールがくればジワっ
フッと考えればジワっ・・・・
つまみが天使になった時みたいだった。

朝一番に違う病院に行ったラブ。
すぐに脾臓がかなり肥大してるねと言われたそう・・・・
レントゲンでも分かったそうです。
掛り付けの病院でもレントゲンは撮った。
その上で貧血の病気みたいに言われてたんだからどうしようもない。
今更そんな事言っても仕方ないし 今はラブの体がどうなってるのか分らない不安は
なくなったのだからそれだけでも良かったと思う。

一から検査して脾臓の腫瘍化。全摘出しか方法はなし。
ラブの貧血は17%まで下がっていた。
先生は手術でどうにかなることはないと自信を持って言ってたそう・・
だけど術後が大変だと。
これが10歳そこそこならすぐに手術をしたと。
お母さんも短い時間で色々考えたんだと思う。
でも最終的にラブが少しでも苦しくないような処置をして連れて帰ってきた。
naoちゃんは可能性に賭けてみたい気持ちがあったみたい。
これはayaが意見をいう事ではないから答えなかった。

でもさっきお母さん」に間違ってないよね・・・と言われて
「多分・・・ayaも同じにしたと思う。」と答えました。

私を知ってる人は嘘だと思うかもしれない・・・
ゴッピの肝臓の腫瘍の手術の時も普通はやらないかもしれないけど
先生にお願いしてゴッピの可能性にかけた。
丸1日麻酔が覚めなくて大変だったけど1%でも可能性があるのなら
やらないで諦められない。

つぅちゃんが体中黄疸でまっ黄色になって手術をしたけど開腹してすぐにお腹を閉じて
やっとお家に帰ってきてあの子を見送った時
手術をしてかわいそうだった。と初めて思った。
先生が手術をしたことに対してどうのということではない。
先生の腕を信じてはいるから。あの先生が何もしないで閉めるのだから
何もできないのは疑っていない・・・・
つぅちゃんの最後に対してだけの思いが残ってる。
あのかわいいポンポコリンのお腹が紫色になって送ってしまったから・・・・

今回のラブの手術 脾臓を取ってリスクは大きい。
痛みに強いわんこでも脾臓の全摘出の術後はかなり痛みもあるみたいだし
輸血も必要になる。
ラブの腫瘍が悪性の可能性が高いなど。
あとはキャサリンが言ってたラブの言葉が何より手術を望んでないと思いだされた。

DSCF2285.jpg 「あの時伝えられて良かった。」

なんであのときラブ子は元気なのにラブ子のことばかり言ってたんだろう・・・
あの言葉の意味がこんなに早く現実になるなんて・・・・
ラブは自分の寿命についても理解してる・・・
だから伝えておく必要があった。
特にすぐにメソメソする、大騒ぎする、1%の可能性かけちゃうaya親子にも伝えておかないと。
とても好都合な場所だった。
昔のお母さんと今のお母さんに伝えなきゃいけなかったんだ。

だから今日も涙がでたけど笑ってラブ子をナデナデした。
ラブ子も落ち着いてる顔してる。
ayaが行ったときご飯も食べれてたよ。

DSCF2287.jpg 「ちょっと張り切って食べ過ぎたわ・・・」

小さい頃から車が苦手なラブは遠くになんて行かなかった。
ayaがいつか遠くに連れ出してやろうと企んでいたけどできなかったんだから・・
家から離れて一人ぼっちになったら寂しくってもっと具合がわるくなる。

みんなが結婚式の時病院にお泊まりして具合悪くなってayaが迎えに行って
みんなが帰ってくるまでaya家に居たくらいなんだもん。

ラブが家に帰ってきたことで短くなった時間でもきっとそれを望んでるね・・・
とっかえひっかえラブの頭はみんなにナデられ目を細めて幸せだよ。

DSCF2283.jpg 「aya重いですよ・・・ あたしは重病犬ですよぉ~」

明日も・・・あさってもその次の日もずーーーとラブ子にベタベタしに行くわよぉ~~~~


C

omment

うまく言えないけど・・・・
ラブちゃん、とても重症になっていたのですね。。
痛いとか・・・苦しいとか・・・・辛いとか・・・そんな事を少しでも取り除いてあげたいよね。人間に出来ることは、少しでも楽に生きていられるよう努力するくらいしか出来ないけど・・・・

ラブちゃんに話しかけたり、なでなでしてあげたり、一緒にいるだけで嬉しい・・・そんな時間をどうぞ大切に過ごしてあげてくださいね。
それがきっと一番の幸せなのだと思います。
ラブちゃんには、ayaさん家やnaoさん家の思いは伝わってると思います。
ラブちゃんも楽しい時間を!

Junko URL | 2009/06/28 20:39 [ 編集 ]

junkoさん♪
ご心配ありがとうございます。
ラブ子 1週間は無理と宣告されてますが 毎日なんとか一回は
お庭に出てシィーもうんPも頑張ってしてますよ(*^^)v

ご飯もムラはあるけど朝は小さい缶詰を食べて夜は私が帰ってから
ラブラブご飯を作って持っていくとパクパクと食べてます♪

バタバタしてラブ子の写真撮ってないのですが今日は撮ってUPします。

aya URL | 2009/06/30 09:51 [ 編集 ]

P

ost omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://arilab.blog48.fc2.com/tb.php/225-25cced96


カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック